出合い掲示板サイト一覧へ

 

悪質な出会い系サイトの中には、やたらモデル級の美人やイケメンの写真を載せているサイトがあります。あたかも会員のように見せて、登録者を増やすのが狙いです。
掲載されている人達は、どこかに存在している人だとは思いますが、ブログなどに掲載されているものをサイト側が勝手に借用しているだけに過ぎません。しかし、そんなことを知らない人にとっては、「こんな可愛い子が登録しているなら自分も…」と期待して登録してしまいます。
かなり単純な罠ですが、見た目に釣られる人が多いのは確か。その心理をついて、外見の良い男女を客引き用に、肖像権など無視して勝手に掲載するのが悪質サイトの代表的な手口です。
しかし、登録したらすぐに騙されたことがわかります。どこにもモデル級の会員はいないのですからね。でもサイト側はそんなことお構いなしです。登録料さえ徴収できれば、後はその会員が泣こうがわめこうが関係ありません。
これは明らかな詐欺行為です。実在しない人を会員として載せているのですから、訴えられても仕方ありません。しかしそれを平気でやるのが悪徳サイト。
もしも、有り得ないほど美しい男女の写真が並んでいた場合は、警戒するようにして下さいね。

出会い系サイトで警戒しなければならないサイトは「従量制課金:ポイント制出会い系サイト」である――これはクチコミ情報サイトやレビューサイトで頻繁に警告されていることだ。
「ポイント課金制」の出会い系サイトの全部が悪いということではないが約90パーセントは悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトだと思って良いだろう。
お勧めできそうなのは、ハッピーメールかワクワクメール、イククル、ワイワイシーなど。まずはほとんど出会いがないことだ。
何故ならば、それほどたくさんのサクラが出没するから、一般女性と知り合えるチャンスが極めて少ないからだ。そして一度サクラに捕まってしまうと、どんどんとポイントを消費させられるので多額な出費になる。
特に警戒しなければならないのは、後払い制を採用している「ポイント課金制」の出会い系サイトだ。普通の「ポイント課金制」の出会い系サイトはポイントを事前購入していないと利用できないシステムになっている。
そしてポイントがゼロになった段階で利用できなくなり、再度ポイント購入をしなければならない。
けれども後払い制の「ポイント課金制」の出会い系サイトの場合は、ポイントがゼロになっても継続的にサービスが使える。その分がマイナスポイントとして立て替えられて、そのマイナス分は後日請求されるシステムだ。
この後払いシステムの場合は自分がいったいどの程度利用したのか判断できなくなる。こういったサイトの場合は女性全員がサクラの場合がある。後払いサイトは絶対に利用しては駄目だ。

出会い系サイトを慎重に利用していても情報弱者は、トラブルに巻き込まれてしまう。もしもトラブルに遭遇しても、ちゃんと対応できるように基本的な知識は身につけておきたい。
まず考えられるトラブルはお金に関する事だろう。不当請求とか架空請求だ。対処方法としては無視をきめこむことだ。別に放置していても何ら影響を受けることなどない。ダメ元でこういった請求をしてくるのだ。
そういったことを知らない人は、その連絡先へ電話をしたりする。もともと業者はあなたのメルアドしかしらないのだ。そして連絡したら、一度調べるのでお名前と電話番号や住所を確認される。
脅されたりするので、知識がない人は正直に伝えてしまう。ますます傷が深くなるのだ。
Yahoo!メールやGmailやHotmailやなどのフリーメールを使っていたら、そのアカウントだけ捨てれば全て解決する。住所を教えたら今度は郵送で請求書が届くだろう。
余り執拗な場合は国民生活センターや消費者センターに相談する方法を考えよう。
サイトに登録する前には、そのサイト名で一度検索すると良い――悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトならば悪い情報が公開されているはずだ。

女性からメールが来ることが珍しい出会い系サイトの中で、複数の女性から同時にアプローチされたら、きっと万歳三唱で喜んでしまうかもしれませんね。しかし、世の中そんなに甘いものではありません。
どう考えても、引く手あまたの女性から、見ず知らずの男性にアプローチしてくるなんておかしいのです。ですから、「実生活では女性から声をかけられたことは一度もないけど、出会い系サイトではあるんだ!」と喜んで返事をしてしまうのは危険です。
なぜなら、それは全員が「サクラ」の可能性があるからです。というより、間違いなくサクラだと思って良いでしょう。出会い系サイトには、大勢ライバルがいる所ですから、簡単に異性に出会うことはできないものなのです。
ですから、もしそういう状況になったら、「あなたはサクラですか?」と訊いてしまって下さい。もしサクラであれば、笑って誤摩化すような感じ、例えば「ハハハ…違うよ〜」みたいな感じで返事が戻ってくるはずです。
これが一般の女性会員であれば、少し戸惑ったような文面で否定してくることが多いですね。もしくは、機嫌を損ねて返事がないとか…。
いずれにしても、もし複数の女性から同時にアプローチを受けたら、こんな対応をして見極めることが大切なのです。

男女交際系コンテンツで人気の出会い系サイトだが、メールでやり取りしていた女性とデートに持ち込めた場合に、もっとあなたに関心を持たせ恋人関係になるには、
意外性を散りばめてドキドキさせることもひとつの作戦だ。具体的にどういった感じで意外性を出せば良いのかを説明しておこう。
出会い系サイトでは、それなりに会話を重ねているだろうが、実際に対面するのは初めてなわけだ。だから初対面の人と会う場合は、最低限のマナーとか謙虚さが不可欠になる。
メールで親密になると、もう古くから知っているような気持ちになる場合があるが、そこでいきなりタメ口などではなしたり、ボディタッチがあると相手は一挙に警戒感を深める。
相手の女性は、まだまだあなたに心を開いているわけではないことを忘れてはいけない。謙虚な控えめな気持ちを持って接することが大切だから、言葉遣いも丁寧語を使うのが無難だ。
そして最後の別れ際が大事なシーンになるので少し強引さを出し「次も会いたい」ことをアピールしておきたい。謙虚なままでデートを終えて、<次のデートは、またメールで>と思いがちになるかもしれない。
けれども時間を与えれば盛り上がっている気持ちが冷めてしまう。多少強引でも、次のデートの日付をその場で決めておくべきだ。
意外性を出すにはメールで話している以外の話題を持ち出してみたら、新しいあなたの一面をアピールして興味を持って頂くことができるだろう。

男女交際系コンテンツで人気の出会い系サイトだが、利用者の大半はデートをして恋人関係になることを熱望しているだろう。デートを実現するには、いろいろな恋愛テクニックを駆使しなければならない。
もっともストレートな方法は「そろそろ会ってみようか?」なんてフランクに提案することだ。当然、メールの会話をそれなりに重ねて欲しいから1カ月程度は我慢をしよう。
が、そういったストレートに話すのは苦手なタイプの人もいるだろう。そういった場合は<じらし作戦>を試してみてはどうだろうか。少し紹介しておくので参考にしてみてほしい。
彼女と毎日メール交換をしているとしよう。そうした場合1日意図的にメールをしないようにする。または毎日<おはようメール>を送っていたら1回だけスルーする。
相手女性は<おや?何かあったのかしら>という心理状態になる。「病気なのかしら」とか「もしかして嫌われた?」なんて、あなたを意識するようになるわけだ。
そうしたら、<実際に会って確認してみたい>という気持ちがフツフツと吹き上がってくる。
そんな状況を付くっておいて「そろそろ会ってみたいんだけれど……」というメールを送ると、相手が会ってくれる可能性が高くなるのだ――試してみよう。

男女交際系コンテンツの出会い系サイトでメールでの会話を重ね、1カ月程度したらデートの提案をしてみよう。デートの約束を取り付けることができたら、大きな進展になる。
けれどもデートしたから安心していては駄目で、ファーストデートでも緊張感をなくさないで行動してほしい。ファーストデートで忘れがちなのは、次のデートの約束をすることだ。
クチコミ情報サイトや体験談を分析すると、ファーストデートでのセックスは厳禁だ。もちろんセフレ目的の場合で交際していてデートするならば話は別だが、そうでなく一般的な恋愛の場合はご法度になる。
セカンドデートに誘う時、女性にあなたともう一度デートすればメリットがあるとイメージさせよう。
デートコースに食事は欠かせないから「ちょっと美味しいレストランがあるんだけれど、一緒に行かない?」なんてアプローチなら相手も「うん」と言いやすい。
趣味が映画なら「次に公開される××という映画は、話題になっているから一緒に観に行こうか」なんていう誘い方もできるはず……。
あなたと会ってみる積極的な動機が出てきたら相手の女性もデートの誘いにのりやすくなる。
出会い系サイトでファーストデートできたらあとは普通の恋人と何ら変わることなく恋の駆け引きをしていかなければならないのだ。

インターネットのクチコミ情報サイトをチェックしていると出会い系サイトで成功するコツはメールの出し方のようだ。デートできるようになるには、メールのやり取りが全てになる。きめ細かい神経を使うようにしよう。
メールで問題になってくるのは、どの程度の分量にすれば良いのかということだ。何文字というのは具体的には言えないが、たとえば1,000文字などは明らかに多すぎるだろう。
ファーストメールではあまり多い文字数はいらないが、勝負どころの文章になるとしっかりとした文字数を使って自分の気持ちを伝えたいはずだ。
相手がパソコンメールならば、ある程度の長文でも大丈夫だが、ケータイメールの場合は短めにしてメールの頻度を高める方が良い場合もある。相手がどの程度のボリュームのメールを送ってくるのかを観察しておこう。
その分量と返信スピードをチェックしておいて、そのペースに合わせてあげるのが親切だ。メールを送るタイミングはできるだけ、その当日に返事をすることが理想だ。
仕事の関係などで即日返事が難しいかもしれないが、女性は複数の男性とメールのやり取りをしているだろうから、返事が遅いと他の男性に気持ちが傾くかもしれないだろう。

男女交際をインターネットで探せるのが出会い系サイトだが、実際にデートするまで行くにはメールの内容が勝負になるが、文章力がない人は参考になる本を購入して自分磨きをしよう。
実際にデートに持ち込むにはメールのやり取りしか方法がないのだ。メールの作成方法に注意をしてほしいことがあるのでまとめておこう。
まずは何と言っても前向きな文面にすることだ!出会い系サイトでは相手の姿や形が見えないのが特徴であるし、相手もあなたの姿や形が見えない。
だからこそ積極的に自分を売り込んでいかなければ、効果がでないわけだ。照れくさいかもしれないが、自分の自信がある部分を思い切ってPRしてみよう。
ネガティブで消極的なメールを送って貰って喜ぶような女性など一人もいないだろう。受け取った女性は「陰気な奴!」と感じるだけだろう。とてもじゃないが、メールの返事を貰えることはないと思う。
「出会い系サイトでデートするのは無理だろうな」というA君と「とりあえず行けるところまで言ってみよう」というB君とでは、B君の方が魅力的であるはずだ。どんどん前向きでアピールすれば良い。
駄目なら駄目でいい――単にご縁がないだけの話だ。ご縁がない人と付き合っても長続きするはずがない。ご縁がある人に巡り会うようにどんどんアタックすることが大切だ。

男女交際で人気の出会い系サイトですが、メールのやり取りを重ねてファーストデートが出来たとしよう。そして、ファーストデートが終わって一安心……と安心していては駄目だ。
キチンとアフターフォローをする――これをしておくことによってあなたの印象が随分と違ってくる。デートの後には必ずサンクスメールをしよう。サンクスメールと言っても別に取り立てて構えることはない。
「今日のデートはとても楽しかったです。ありがとう、おやすみ」という簡単なメッセージで充分。アフターフォローのメールは内容は大事かもしれない。
しかし、それよりもお礼のメールを出したという行為が大事なのだ。女性は男性のルックスもさることながら、内面を重要視する傾向がある。
実際にデートした相手と再び会うかどうかを判断する場合は、相手が誠実であるかを判断基準にする。クチコミ情報サイトや体験談をチェックしてみると<男性の誠実度>は大きな基準になっているようだ。
デートをした後、感謝するメールが届いたら女性は誠実な人という思いを抱くことになる。<彼は本当に信頼出来る>というイメージを持ってくれるだろう。
そして<私との交際を真剣に考えている>と解釈してくれる可能性もある。こういった感情を呼び起こせることはあなたにとって有利に働くことは間違いないだろう。
デートの後にメールをすることは手間かもしれないが、それを手間を思わない感性を磨いてほしい。手間に感じるような人間から脱却するとあなたの人間性も一歩進んだことになるのだ。

ページ上部に