前へ
次へ

賃貸マンションでペットと住みたいとき

ペットの中で人気があるのが犬と猫で、室内でも飼いやすい猫が特に人気があるようです。鳴き声も犬に比べると猫の方が響きにくいので迷惑になりにくいでしょう。ただ猫の習性として爪とぎがあり、自宅内で飼うと自宅内の柱などで爪とぎをしてしまって傷める可能性があります。賃貸マンションにおいてペットを飼おうと思っているのであればまずはペットが飼える物件なのかどうかを知っておく必要があります。不可となっていればまず無理と考えましょう。ではペット可となっているなら飼えるかですが、その賃貸マンションがどんな経緯でペット可にしているかにもよります。最近の物件だとペットが飼えるのを前提にして建てられたものもあります。一方少し古い物件だとペットを考慮しておらず、建てられた当初はペット禁止にしていたところもあります。ペット不可だと入居者が集まりにくいために仕方なくペットを許可しだした物件もあり、こちらはペット可となっていても条件が厳しいかも知れません。ペット可でも条件が厳しいところとして、犬であれば吠えないのを条件にしているところがあります。しつけをきちんとすれば吠えないようにすることはできますが、これまで良く吠えていた犬を急に吠えなくするのは難しいです。犬であれば犬の大きさや犬種を限定するときもあります。大型犬は小型犬に比べると他の住人とのトラブルが起きやすくなる時があります。飼う予定の犬を大家などに見せて飼えるかどうかの判断をしてもらう必要があります。新しいマンションだとペット可が多くありさらにペットを飼いやすい設備がついているところもあります。猫を飼うのであれば爪とぎができる場所が用意されていて、不用意に柱などを傷つけることはありません。犬は毎日散歩が必要ですが、室内犬だと散歩に行くたびに足を洗わなくてはいけません。共用施設として犬の足を洗う場所があると室内を汚しにくくなります。それぞれの物件の設備を確認するとペットが飼いやすいかどうかが見えてきます。

Page Top