出会いけいサイト五人にはサクラ独自の楽しいエピソードがあるようでした…

お昼に聴き取りしたのは、まさに、現役でステルスマーケティングの正社員をしている五人のフリーター!
集結したのは、メンキャバを辞めたAさん、貧乏大学生のBさん、売れっ子アーティストのCさん、某芸能事務所に所属していたDさん、芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「では始めに、着手したキッカケから聞いていきたいと思います。Aさんから順にお願いします」
A(メンキャバ就労者)「僕は、女性心理が分からなくて始めることにしました」
B(普通の大学生)「わしは、ボロ儲けできなくてもいいと考えて辞めましたね」
C(表現者)「オレは、ロックミュージシャンをやってるんですけど、もう駆け出しじゃないのに丸っきり稼げないんですよ。大スターになる為には身近な所から徐々に下積みしなきゃいけないんで、こんなバイトやりたくないのですが、差し当たってアンダーグラウンドな経験を重ねようと思って」
D(芸能プロダクション所属)「うちは、○○って芸能事務所に所属してピアニストを夢見てがんばってるんですが、一回の舞台で500円だけしか貰えないんで…先輩の紹介でサクラのバイトをしょうがなくやってるんです」
E(若手コント芸人)「実際は、ボクもDさんとまったく似たような感じで、コントやってたった一回数百円の極貧生活してるんです。先輩に教えていただき、ステルスマーケティングの仕事をすることになりました」
大したことではないが、五名のうち三名ものメンバーがタレント事務所に所属中という至って普通のメンバーでした…、だがしかし話を聞いてみるとどうも、五人にはサクラ独自の楽しいエピソードがあるようでした…。
出会い系のページでは、嘘の請求などの悪質な手口を試して利用者の持ち金を取り上げています。
その手順も、「サクラ」を活用したものであったり出会系アプリ 攻略はじめから利用規約が偽りのものであったりと、雑多な方法で利用者を惑わしているのですが、警察が取り逃がしている面が大きい為、まだまだ逮捕されていないものが多くある状態です。
殊の外、最も被害が凄まじく、危険だと勘繰られているのが、小女売春です。
文句なく児童買春は法律で規制されていますが、出会い系アプリおすすめの数少ない邪悪な運営者は、暴力団と相和して、わかっていながらこの児童を使った仕方で利用ユーザーから大金を奪い去っています。
この時点で周旋される女子児童も、母親から送りつけられた方であったり縺れた事情のある人物であったりするのですが、暴力団はもっぱら利益の為に、当然の如く児童を売り飛ばし、出会系アプリおすすめと協力して採算を上げているのです。
意味ありげな児童だけかと思いきや暴力団とつながった美人局のようなサクラが使われている事例もあるのですが、暴力団の大半は、女性を物として扱うような犯罪行為に従事しています。
なおとりもなおさず警察が査察すべきなのですが種々の兼ね合いがあって思い切って取り締まりの対象にならないケースなのです。

関連記事はこちら